ニキビに関してよく潰すと痕が残ると聞きますが実際はどうなのでしょう?
でも知っていますか?ニキビには種類があり白ニキビ・黒ニキビ・赤ニキビ・黄ニキビと4種類もあるんです。
実はこのニキビの種類によっては潰してもOKなものもあるのです。
一般的に言われるニキビを潰すと痕になると言われているものが赤ニキビ。
この赤ニキビは皮脂が毛穴につまり、内部が炎症を起こしてしまっている状態なのです。
その炎症を起こす前段階のニキビが白ニキビと黒ニキビ。
白ニキビと黒ニキビの違いは毛穴が開いてしまい、詰まっている皮脂が黒くなってしまっているかどうかの違いなんです。
また、場合によってはこの白ニキビや黒ニキビは皮膚科のお医者様が専用の器具を使い潰すこともあるそうです。
白ニキビや黒ニキビは炎症を起こす前のまだアクネ菌が増殖する前の状態ですので潰すことによって芯を出し更に悪化することを予防することもできます。
ただ、潰すといっても潰すときには注意も必要です。
入浴後や洗顔の後など毛穴が開いてる状態で皮膚に負担をなるべくかけない、雑菌など入って逆に炎症を起こさないように清潔な状態で実行する、潰した後の毛穴は開いた状態になってますのでケアも忘れないなどが大切です。
しっかりケアをしてあげることによって潰した後のシミやシワの心配も払拭できますね。
最近ではニキビを潰すのに無理に負荷をかけることなくできる器具も出ているようです。

こちらも参考にしてください⇒白ニキビ 潰す

関連記事


    ビタミンCの美白効果はニキビにも有効 美白効果があることで知られているビタミンCは、もちろんニキビにも効果を発揮します。 ビタミンCにはメラニンの生成を抑制する働きと、できてしまったシミを無色化する働…


    ニキビが治っても赤みが消えないけど大丈夫? 「ニキビは治ったみたいなんだけど、まだ赤いまま。ホントに治ってるのかな?」このように不安感を募らせた経験がある方も多いと思います。 実際、ニキビが炎症して赤…


    黒く沈んだ肌の色を美白ケアしたいと思うなら、紫外線に対する対策も行うことを忘れないようにしましょう。 屋内にいるときでも、紫外線は悪い影響を及ぼします。 日焼け止めを使用してケアすることをお勧めします…