近年再生可能エネルギーが重要視されていて、中でも太陽光発電の普及率が急激に高まってきています。
海外での太陽光発電状況も気になるところですが、ドイツは世界の中でも太陽光発電の導入が際立って進んでいます。
特に2005年あたりから急激に普及を伸ばしてきていて、国を挙げて脱原子力政策に取り組んでいます。
ドイツは再生可能エネルギーを20年間高額で買い取ることを電力会社に義務づけたことも、普及率を高めた理由の一つだと考えられるでしょう。
普及率と共に設備価格も下がってきていることも、さらに普及率を高めている要因かもしれません。
一方、ドイツでは太陽光発電の普及率が高い分、その周辺の自然環境へ及ぼす影響を少なくするための規制も厳しいものとなっています。
例えば、ソーラーパネルを設置するために森林を伐採するなどすれば、その6倍の植林を行うことが義務付けられるなどの規制があるようです。
世界で見ればドイツの次にスペインでの導入率が高いですが、その他アメリカ、イタリア、オーストラリア、中国などでも太陽光発電導入が進んできています。
また住宅用の太陽光発電設備も徐々に進んできていて、2009年にはアメリカのファースト・ソーラー社が世界一位の生産量となりました。
現在では日本でも多くの会社が住宅用のソーラーパネルを製造生産しています。
まだまだ設備価格が高額ではありますが、これからが期待できるかもしれません。
こちらも参考にしてください。⇒海外 太陽光発電

関連記事


    以前までは、少数の企業でしか導入されておらず、珍しかった太陽光発電ですが、最近では電気代の節約として注目され、一般家庭においても、家の屋根にソーラーパネルが取り付けられているところは少なくありません。…


    太陽光発電を導入すると電気代の節約をする事が出来たり発電して余った電気を売却する事が出来るので経済的に大きなメリットになります。 また停電した時でも電気を供給する事が出来るので太陽光発電を導入する家庭…


    太陽光発電は、工場にも設置することができます。工場の中でも大規模な建物がいくつも建っていると、屋上のスペースも広くなっています。 このスパースに太陽光発電のパネルを設置することで、多くの電力を発電して…


    太陽光発電は、日がよく当てる場所だと沢山電力を貯めれます。 でも、太陽光発電は天候によって貯まる電力も左右されます。 季節でいうと、春や夏だと日が長く日射しが強いので沢山電が貯まっていきますが、秋や冬…